【トリマー監修】犬のシャンプーに必要なものとは?(自宅編)

ペットケア

愛犬のお手入れやシャンプーを自宅で出来たらいいなと思ったことはありませんか?

一見難しく思われがちですが、慣れてしまえば意外と簡単です。

浴室や洗面台を活用することで効率的にシャンプーできます。

  • 自宅で愛犬のシャンプーに挑戦したい
  • もっと手際よくシャンプーをしたい

という方に、まず、愛犬のシャンプーに必要なものをご説明させていただきます。

愛犬の自宅シャンプーに必要なもの

自宅でシャンプーを行う際には、まず下記のものを揃えておきましょう。

  • ペット専用シャンプー、トリートメント(リンスインシャンプーでも構いません)
  • ブラシ(ラバーブラシ、スリッカーブラシ、ピンブラシ)
  • 高吸水タオル
  • バスタオル
  • ドライヤー

ペット専用シャンプーは種類が多く、どの製品が良いか迷ったことはありませんか?

そのような時は、

  • 低刺激であること
  • 残り香が強くないこと
  • 安全な成分で作られていること

を基準に選びましょう。

犬の皮膚は人間の赤ちゃんよりも薄くデリケートです。
洗浄力を重視した刺激の強い製品や安価な代わりに成分の安全性に不安が残る製品は好ましくありません。

また、海外製品の中には、人間向けに強い残り香をつけた製品もあります。
しかし、犬にとって、自身の体からフルーツや花の香りが強く出ることは、決して快適ではなく、ストレスにしかなりません。

シャンプーはあくまでも皮膚や被毛を清潔に保つためのお手入れですから、余分な香りなどが残らないよう選んであげましょう。

シャンプー後のドライヤーに時間がかかり、面倒と感じていませんか?

全身の被毛を根本から完全に乾燥させるのは、プロのトリマーが業務用ドライヤーを使用してもそれなりの時間がかかります。
自宅シャンプーでは、家庭用ドライヤーを使用するので、風力が弱く時間も長くなりがちです。

この面倒なドライヤー時間を大幅に短縮するために、「高吸水タオル」を使用します。
高吸水タオルはペット用も販売されていますが、高額、サイズが小さいと感じませんか?

そのような時は、洗車用高吸水タオルの活用もおすすめです。
洗車後の拭き上げ用製品ですがペット用と同等の素材な上に、サイズが大きく安価な製品を見つけることが出来ます。

抜け毛が多い、体臭が気になるというお悩みはありませんか?

このような場合は、ラバーブラシというゴム製のタワシ状ブラシを活用すると、お悩みをスッキリと解決できます。

シャンプーを全身に広げたうえで、ラバーブラシを使い全身をこすり洗いします。
細かな抜け毛もしっかりと取れる上に、皮膚に適度な刺激を与えマッサージ効果もあります。

小型犬でサイズの合うラバーブラシが見つからない場合は、ゴム手袋を活用すると全身くまなく洗い上げることが出来ます。
ペット用製品は耐久性に優れているものが多く、購入後は数年単位で使い続けることが出来るので、ぜひ自宅シャンプー用に一式揃えておきましょう。

愛犬のシャンプー嫌い、初めてのシャンプーには

愛犬がシャンプーを嫌う、水を嫌う、逃げ回る、噛みつくなどの理由で自宅シャンプーを諦めてしまっていませんか?

このような場合は、

  • ハンドタオル
  • ペット用浴槽
  • 食器洗い用スポンジ

を用意しましょう。

愛犬がシャンプーを嫌う、水を嫌う主な理由は、シャワーからの水しぶきや皮膚への微細な刺激です。

この問題を解決するために、

  • シャワーヘッドをタオルで覆い、水しぶきを起こさせず、皮膚への刺激を減らす
  • 顔や口元を洗う時は、スポンジに水を含ませ、拭き洗いで済ませる

という方法がおすすめです。

これらの方法は、トリミングサロンでも日常的に行われている方法で、シャンプーを嫌う場合や皮膚トラブルがある場合、シニア(老犬)などをシャンプーする際に用いられています。

この方法でもシャワーを嫌がる場合は、シャワーヘッド自体を取り外し、ホース状にしたままで使用するという方法で解決できる場合もあります。

愛犬が逃げ回る、立ち上がるなど、扱いが難しい事はありませんか?

自宅シャンプーといっても、これでは飼い主も全身びしょぬれになってしまいます。

このような場合は「ペット用浴槽」を活用しましょう。
行動範囲を制限することで各段に扱いやすくなり、スムーズにシャンプーを終えることが出来ます。

ペット用浴槽の代わりに、より安価な人間用ベビーバスでの代用を考える方もいるかもしれません。
実は、ペット用浴槽は人間の赤ちゃん用浴槽(ベビーバス)によく似ていますが、排水栓がついていたり、すのこがついているところが大きな違いです。

犬には足裏にしか汗腺(エクリン汗腺)がなく、この部分が水でふさがれてしまうと途端に心拍数が上がり、心臓に負担がかかります。
そのためペット用浴槽は水はけがよく、体に負担がかからないように工夫がされています。

自宅にある洗面器やベビーバスで代用する場合は、出来る限りぬるめの温度設定でシャワーを使い、短時間で水から出すよう意識してあげましょう。

まとめ

愛犬の自宅シャンプーに必要なものを揃えておくことで、思っているより簡単にシャンプーをしてあげられます。
難しいと敬遠せずにぜひ挑戦してみましょう。

シャンプーの使い方はこちらから↓
ピオニーシャンプー&トリートメント

関連記事一覧